本文へスキップ

男性型脱毛症=AGAとは。

AGA(エージーエー)

AGAの悩み

薄毛で悩む多くの人を救うHARG療法/AGAの悩み

AGA(ハゲ)は年をとるとともに髪の毛が薄くなっていく脱毛症で、 男性型脱毛症(Andro Genetic Alopecia)の頭文字から名付けられました。 ハゲとも呼ばれるAGAで悩んでいる方は日本中に1千万人以上もおり、 育毛剤で必死に髪の毛を育てようとしたり、カツラでハゲていることを隠そうと 日々努力しています。 中年男性の3人に1人は薄毛に悩んでいるのですが、病気と言ってもどこかが 痛んだり体調を崩すこともありませんし、そのせいで寿命が縮むわけでもないので 髪の毛を失った本人以外はあまり深刻に考えてくれません。 しかし髪の毛が薄くなってきた本人にしてみれば相当な精神的ダメージです。 たいした実害はないし他人からの視線も実際にはそんなに変化ないのですが、 ハゲていることで引け目を感じるようになってしまうのです。


AGAの特徴

AGAになると髪の毛の抜け毛が増え全体的あるいは部分的に薄毛になります。 そしてそれが徐々に、確実に進行していきます。 ほっておいたらそのまま毛髪は減る一方で、なにかしら対策を取らないかぎり ゆっくりと薄毛は進んでいきます。 その理由は毛根が十分に成長しなくなるためで、未成熟な毛根からは細くて短い 髪の毛しか育たないからです。 遺伝しやすい病気なので両親や祖父母に髪の毛が薄い人がいると発病の可能性が 高いようです。 AGAの兆候としては、シャンプー時の抜け毛が多くなったり、朝起きると 枕元に抜け毛が多く見られるようになったら危険信号です。 抜けやすいということは細くて弱い毛髪が増えてきたということですので、 毛髪に元気がなくなってきたと考えられます。


AGAの原因

AGAによる薄毛の原因は遺伝的なものもありますが、生活習慣に起因したり ストレスによるホルモンの過剰分泌、血行低下などさまざまです。 薄毛の現象としての原因になる物質としてはDHT(ジヒドロテストステロン) という物があります。 DHTはテストステロンという男性ホルモンから作られ、それ自体はたいして 問題ないのですが、DHTが頭皮の毛根にある毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体 と結合することで脱毛シグナルが出されてしまいます。 脱毛シグナルが出ると毛周期の成長期が終了するので毛周期が短くなってしまいます。 つまり元気な髪の毛を育てる前に、長くて太い丈夫な毛に成長する前に、 その毛根は終了してしまいます。 細くて短い毛髪が多くなるので薄毛となるのですが、この原因を根本から解決 するのがHARG療法です。